猫腎不全

医師や専門家が深く詳しく解説します

猫腎不全

医師や専門家が深く詳しく解説します

猫の腎不全 についての原因、症状、治療法、気を付ける事とは?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
腎不全についてご存知ですか?飼い主さんが症状を見て“不全だ”と気づくことは困難です。具合が悪そうなので病院にきて、診てもらったら腎不全と診断されたというケースがほとんどでしょう。
しっかりと獣医師と連携をとって、治療をしていくことが重要です。この記事では、 猫の腎不全 について説明していきます。
 
 

猫の腎不全 とは

猫の腎臓はおなかの中にあると思われがちですが、背中側の両側に1つずつ存在します。
腎臓は血液をろ過して尿を作る役割をしています。細かく見ると腎臓の中には細い血管が集まった糸球体と呼ばれるものがあり、これがろ過装置になっています。
糸球体からろ過された尿は尿細管という管を通りますが、その時に再吸収という作業が行われます。糸球体で体に必要なものまでろ過されてしまったものをもう一度吸収したり、体の水分量を調節するために水分の吸収量を調節したりするのが再吸収の役割です。このようにして尿を濃縮していきます。
 
こうして出来上がった尿は膀胱につながる尿管を通り、少しずつ膀胱へ移行していきます。膀胱にたまった尿は外部へつながる尿道を通り、尿道から外部へ排泄されます。オスの猫の場合には膀胱を出ると前立腺の中を通り、陰茎部を通り抜けるので、その道筋(尿道)が長いのですが、メスの猫の場合には太く短いのが特徴です。
猫が腎不全になると、老廃物をうまくろ過できないので、尿中への排泄が少なく、あるいは全くできなくなります。そのことにより、排泄されるはずの老廃物(毒素)が体の中に溜まってしまい(尿毒症)、様々な症状が生じます。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。